おすすめの観光スポットとホテル

北海道旅行での交通取締対策と注意点

警察官

北海道旅行~交通取締り~

北海道旅行での注意点は、交通の取り締まりです。

北海道の道路自体、車道の広さはほかの県と同じですが、車道再度に雪を積むためのスペースがあるため、道路全体は幅が広いのです。

そのため、普通に運転すると高速道路の感覚になってしまい、スピードを出しすぎることがあります。

もちろんそれを警察は見逃しません。

100%交通規制に引っかからない方法というのはありませんが、ポイントは押さえておきましょう。

そのポイントは、制限速度30km以上オーバーにならないことです。

制限速度を30km以上オーバーすると、オービスが作動しますし、1回で赤切符、免停になります。

更に罰金は高くなります。

逆に29kmオーバーなら、青切符で、比較的金額の少ない反則金の扱いになります。

つまり、30kmと29kmのたった1kmの差で免許の取扱も変わるのです。

北海道を旅行する際は、スピードには十分注意しましょう。

またオービスの設置場所をきちんと確認しましょう。

北海道旅行~注意点~

北海道旅行での注意点があります。それは動物の飛び出しです。

中でもエゾシカは自動車とぶつかると自動車も運転者もダメージを受けることが多くなります。

最悪、エゾシカは重症で生きていたけれど、車は全損、運転者は死亡ということもありえます。

特に知床周辺はエゾシカが多く出没しますし、普通に道路を横断しています。

それからガソリンスタンドです。

田舎の方に行くとガソリンスタンドは少なくなり、給油は間に合うと思っても、次のスタンドまで数十キロということもあります。給油には余裕が必要です。

またオービスも注意しましょう。

北海道旅行ではスピートを出しがちですので、オービスには十分注意しなければなりません。

安全運転で楽しい旅行にしたいものですね。

関連記事