おすすめの観光スポットとホテル

知床峠

北海道のホテル~世界遺産~

知床は2005年に世界遺産登録されました。

道東のオホーツク海にある半島には、神秘的な知床五湖、カムイワッカの滝など、自然に溢れた観光地がたくさんあります。

また温泉も有り、世界遺産を観光するなら斜里町のウトロ温泉で泊るといいでしょう。

ホテル季風クラブ知床は木のぬくもりが感じられます。

1泊2食付で12000円からで、アウトドア派にお勧めです。

知床プリンスホテル風なみ季は宿泊プランが豊富に取り揃えられています。

1泊1万円前後とお得で、サービスも充実しており、バリアフリーでもあります。

温泉は源泉賭け流しの露天風呂など、ゆっくりと過ごすことが出来ます。

知床グランドホテル北こぶしはリッチ感があります。

オホーツク海を望む大浴場や露天風呂は評価も高く、食事も評判です。

反対にホテルグランディア知床斜里駅前はリーズナブルで、駅から徒歩1分です。

北海道の離島にあるおすすめホテル

北海道北部の離島、利尻島と礼文島は自然に溢れています。

利尻島は山が多く、礼文島は断崖が多いのが特徴です。

利尻島ではアイランドインリシリというホテルがあります。

楽天トラベルのランキングでも上位に入っており、利尻の食材を使った食事は評価が高いです。

温泉も有り、夕陽と礼文島を望むことが出来ます。

10~4月は休業していますが、1泊14000円で泊ることができます。

ホテル雲丹御殿は全室から海が見られます。

部屋以外にもロビーや食事場所から見られます。

もう一つ、ウニづくしはお勧めで、大浴場は海岸を望め、夕陽を見ながら入ることも可能です。

ウニづくしプランで12000円からとなっています。

礼文島なら最北リゾートホテル、プチホテルコリンシアンがあります。

ギリシャのコリント式建築と、上質な家具を使った客室が魅力的です。

北海道の海の幸を使った食事もお勧めとなっています。

部屋は23室ですが、サービスがその分行き届いています。

1泊16800円からではありますが、サービスを考えれば高くはありません。

関連記事